KAMIMIC VINTAGE STORE

あけましておめでとうございます。

年始にWEBショップでヴィンテージアイテムをアップしました。

衣装としても撮影などで度々活躍してくれたものも混じってます。

好きな形ばかりなのでサイズが合う人にはオススメしてます。

 

古着のバイヤーの真似事をしていたときのように、

価値のないものの中から価値のあるものを見つけ出すことが楽しくなりそうです。

本誌とともに良いものが残る架け橋となって、

その輪が大きく広がっていくような戌年にしたいと思います。

 

 

f:id:hynm_hikone:20171229094525j:plain

f:id:hynm_hikone:20171229100638j:plain

f:id:hynm_hikone:20171229101105j:plain

f:id:hynm_hikone:20171229130002j:plain

f:id:hynm_hikone:20171229104615j:plain

KAMIMIC VINTAGE STORE

https://www.kinarimagazine.com/store-1

キナリマガジン(PAPERMIC)

キナリマガジンのアイテムを作りました。パーカー、ロンT、キャップの3型に、それぞれPAPERMICの刺繍が入ってます。昨年から自分のスウェットなどに試し刷りしていた英文のバックプリントは、KINARIのテーマでもあるんです。

f:id:hynm_hikone:20171204163444j:plain

1年中使えるキャップは毎日被ってます。

f:id:hynm_hikone:20171219105051j:plain

 

KAMIMIC STORE

https://www.kinarimagazine.com/store

www.kinarimagazine.com

 

本日発売

昔から思っていたことがあります。それは人が決めたレールを歩くことが嫌だということ。それが単なる捻くれてきた結果なのかどうかはわかりません。ただ、自分で決めたレールは歩いていると、とても気持ちいいのは確かなんです。

オリジナルってなんだろう?ルーツとは違うオリジナル。なぜ、そこに魅かれるのか?そんなことを思い20歳のころに師匠に出会いファッションの正装までの全てを教わり、俊介さんに表現する姿勢を教わりました。そして、オリジナルとはナチュラルに出てくる人の生き方なんだと。

本日発売する最新号では、オリジナルの最たる淳さんに表紙を飾ってもらいました。友人が、人生は暇潰しだよ、と昔から突いてきます。彼の言う暇潰しとは、その潰すための人生をどう生きるかという意味で、淳さんはそういう僕らが話していた生きる最たる等身大でもあります。その暇潰しが伝染して、誰かの希望に繋がれば最高です。

人生は夢じゃないし幻でもない、ヒロトの言葉。凛として歩いていけば、その現実の人生が夢を超えることだってあります。そんな人たちが増えたら本当の平和な世界になると思います。

今回はそんなオリジナルが当たり前の英国を特集しています。渾身の号となりました。是非書店にてご覧になってください。

f:id:hynm_hikone:20170929000419j:image

KINARI vol.17

GREAT BRITISH STYLE そして、村上淳

KINARI VOL.17

 f:id:hynm_hikone:20170922065023j:plain 

ルーツを辿った本物たちとの出会い。

色褪せないもの、まやかしではないもの、そして魅力的なもの。そういうものが好きです。そういうものはパワーがあって、音楽でもアートでもファッションでも活力みたいなものを存分に与えてくれる。こういったカルチャーは人の心を豊かにする大切な遊びだと思います。だから、つまらない飾りよりも素直に感じることが、きっと大事。

次号ではカルチャーのルーツが多くある英国を取材して、たくさんの素晴らしい人やものづくりに触れることができました。中でもファミリービジネスで新しい世界観を打ち出しているケイスリー・ヘイフォードの2人には刺激をかなり頂きました。また、表紙と巻頭ページでは村上淳さんに登場してもらい、17AWより大きく生まれ変わった英国を代表するバーバリーのコレクションを特集しています。

発売は9月29日(金)となります。書店にて是非ご覧ください。

 

kinarimagazine.com

f:id:hynm_hikone:20170922070014j:plain

ROCKERSは永久不滅。

f:id:hynm_hikone:20170826015025p:plain

 

 

ニューヨークにあるブルーサンフィルムが製作した映画「ROCKERS」とオフィシャルでコラボしたアイテムを作っています。第一弾となるヘンプの6パネルキャップはゴーヘンプのボディを使用させてもらいました。KINARIのWEBストアのみでの販売です。ヘンプ特有の素材感は使い込んでいくほどに更に良くなっていきフィットします。

 

 

f:id:hynm_hikone:20170826015106p:plain

f:id:hynm_hikone:20170826015112p:plain

 

KAMIMIC STORE:https://www.kinarimagazine.com/product-page/rockers

 

KINARIから最新ニュースなどをお伝えするWEBサイトをリニューアルしました。次号の発売内容などもお知らせしたりしています。お時間あるときに覗いてみてください。

www.kinarimagazine.com

ロンドン取材日記

先日まで次号の特集のためにロンドンへ。

結果としてはとても良い旅になりました。いつもは海外へ行っても日本と変わらないインターネットという繋がりの中で過ごしていました。けれど、そういった暇つぶしがない中で生活をしていたら、当たり前ですが、すごく集中できて想像以上に取材を終えることができました。繋がらない不安感よりも目の前の繋がる喜びの方が大きくて、当たり前のことを当たり前に見えるようになってきました。自分も気づかぬ内にネット人間になっていたのだと。。。仕事をしていても、どうしてもそういったものから抜けることは難しい。電話の中で起こっている世界と実際に起こっている現実は実は違うということも良くある話です。

今回の取材ではフィルムで撮影してきました。できあがりの良し悪しはデジタルと比べて見る人の好みとなりますが、僕は好きだなと思います。今は撮ってすぐにSNSにアップしてというスピード感ある時代だと思います。フィルムはその全てと逆境してるところが魅力的で、撮影する側も真剣になりますが、被写体もその時間だけは真剣になってくれるんです。シャッターを切っている時間は互いに長く感じず、むしろ出来あがりのために真剣に待ってくれている、そんな感覚が勝手にあります。これはカメラの最も大事な特権のようなもの。

写っているのかという不安と少しの期待。この時が大事で、それが本になった時に誌面に現れるはずです。そんな当たり前のことを本物ばかりの国で感じました。

写真は撮影した一部です。次号発売は9月下旬 !!!

 

f:id:hynm_hikone:20170722014840j:plain

f:id:hynm_hikone:20170722014915j:plain

 

f:id:hynm_hikone:20170722015157j:plain

f:id:hynm_hikone:20170722015244j:plain

f:id:hynm_hikone:20170722015336j:plain

f:id:hynm_hikone:20170722015435j:plain

 f:id:hynm_hikone:20170722014935j:plain

KINARI vol.16 編集後記

KINARIの最新号が発売しました!!!

f:id:hynm_hikone:20170418225320j:plain

@kinarimagazine

編集後記(最新号146頁)

 

前号でパリに行った僕と同じ7月に彼はジャマイカへ出かけた。それから半年後に帰国した彼と恵比寿で会った時、明らかにシャープになっていて少し驚いた。そのときは1時間しか会える時間がなく近くの中華屋で忙しく話を聞いた。ジャマイカは想像以上にハードコアな場所なのだと言う。7号目でネパールを共に訪れたこともあったし、彼自身はアフリカに住んだり行き来していたような強靭な心を持っているはずだ。しかし、そんな彼でもジャマイカの状況は少々異なるようだ。それは家族を連れて半年も行けば、どう考えても大変なことも多いに決まっている。それでも彼は今を選択して家族全員でジャマイカへ行ってきたのだ。動機は純粋な冒険心だけだったのだろう。そこに僕は更に興味を持って話に乗った。ここから編集をスタートすることになった。

僕らが求めたのは「ロッカーズ」。

もう何十年も前の映画で今は振り向く人も少ないのかもしれない。当時レゲエに興味を持って、音楽を探しても好きなものは見つからず、ロッカーズのルール・ロック・レゲエのサントラに入っていた気持ちの良い曲たちに出会ったときは、それまで僕が感じていたレゲエのイメージをかなり飛躍させてくれた。そこから写真集を知って映画を見た。真逆を辿ったロッカーズへの入り口は今も鮮明に覚えている。外で大きな音で聴いてみたい。今すぐにでもプレイしてみたい。また、写真集を通して見たスタイルは今までに見たことも無いほどのレトロなカラフルだった。そこに写る人たちの洒落たスタイルを古着屋に行って真似していたこともあった。こんな親父になりたい、こんな楽しそうな大人がいる国にいつか自分も行ってみたい。そんなことを漠然と思っていた。今回は、その冒険談を聞いていただけで行ったような気になってしまった。
都会はどうしても何かに縛られながら生活をしていかなければならない。それに慣れてうまく付き合ってたとしても、いつかは人間だからボロが出る。だから、ジャマイカの本場のロッカーズに憧れたりするんだ。ぬるま湯で生きてきた人、ハードコアに生きてきた人、そのどちらも今という過酷な状況にいるのは変わらない。だったら楽しんだらいい。人に迷惑をかけなければ、死ぬほど楽しんだっていいと思う。 ロッカーズはそんな生き方だと思った。
次号は9月発売予定。ジャマイカのレゲエが渡ったイングランド
DUBを求めて南からスタートしてみようと思います。

 

f:id:hynm_hikone:20170420021337j:plain

彦根泰志