読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KINARI VOL.14

f:id:hynm_hikone:20160506090449j:plain

 

明日から発売するKINARI14号。

大好きなカリフォルニアを特集しています。

南はサンディエゴ、ロサンゼルス、

サンフランシスコまでを旅してきました。

 

僕の事務所は千駄ヶ谷にあります。

ここも、もちろん好きな場所なのですが、

最近はオリンピックなのか、観光で訪れる人が増えたのか、

工事なども増えて騒ついてます。

締め切り前の耳ざわりな工事の音が消えたと思ったら、

目の前の道にはゴージャスな無駄な電灯がつきました。

千駄ヶ谷大通り商店街なんて名前まで。。。

何を盛り上げたいのか最早知る由も興味もないですが、

大事なものが壊されて、何を選好してるか?

ゴミみたいなものを必死に作っていることに気づいてほしいです。

その予算があるなら飯も食えなくて苦しんでる子供たちに直接手渡してください。

小学3年生でもわかる当たり前のこと。

この国で一番に優先すべきことはオリンピックを開催することではない。

僕は反対します。大切な思い出を壊されて応援する気にもならない。

日本にはもっと文化を大切にするイメージがありました。

けれど、結局はアメリカの後を追っているようにしか見えない。

テレビ、新聞すら読まないのですが、肌で感じるほどの冷酷さが伝わってきます。

これだから、くだらない茶番に見えてしまう。

人が楽しく過ごしているのに邪魔してくる。

 

そんな憤りとか吹っ飛ぶのが、僕はカリフォルニアでした。

何かを作ったり、表現しようとしている人たちに悪い人はいません。

有名になることや、金儲けのためではなく、

そういう人たちと語らい、過ごすことで文化が生まれる。

仕掛けあるマジックの世界で、偶発的に生まれたものだけが好きです。

可能性は誰だって無限にあるはずです。

ぜひ体感してください。

 

 

f:id:hynm_hikone:20160225093009j:plain

f:id:hynm_hikone:20160226032649j:plain

f:id:hynm_hikone:20160301091632j:plain

f:id:hynm_hikone:20160304110354j:plain

f:id:hynm_hikone:20150425055347j:plain

 

KINARI第12号発売です。

f:id:hynm_hikone:20150327193249j:plain

東京は桜が咲きはじめました。

本日3月28日土曜日(大安)より、KINARI最新号の発売となります。

12号目を迎えた今号は、大好きなミュージシャンが残した言葉をお借りしました。

特集、ユーモアがすべてだ。

 

面白くなければ意味がないと育てられた人がいます。

クリエイティブであれ、何であれ人間には必要なことだと思ってます。

みんなと同じファッショしてるのはイケてましたか?

街にいる魔法使いのようなハットが、ようやく減ってきました。

 

季節の変わり目に発売する今号が、良い春風となれれば幸いです。

ぜひ全国の書店にてご覧ください。

 

f:id:hynm_hikone:20150325105755j:plain

 

 

特集 ユーモアがすべてだ 

 

大好きなミュージシャンが、 この世に残していった「ユーモアがすべてだ」という言葉がある。 その何となく使っているユーモアという言葉には、 「洒落が効いている」「センスが良い」「遊び心がある」など、 ジョーダンとは違うインテリっぽい 思わず関心を抱いてしまう意味を含んでいる。 ユーモアがすべてだと言うならば、 そのユーモアを持って毎日過ごしていたら "彼"のようになれる日が来るのかもしれない。 きっと、自分らしく生きるために残してくれた言葉なんだ。 僕らが過ごす日常の中にだってユーモアは溢れている。 あらゆる視点から見つけた、特集「ユーモアがすべてだ」。

噂のフェスへ

f:id:hynm_hikone:20141023210501j:plain

 

今週末に朝霧ハートランド牧場にて開催される野外パーティー、

LOVE SAVES THE DREAMにてフリーマーケットします。

 

去年も楽しかったし、今年はそれ以上に楽しくなりそう。

今年の野外締めの3日間。

たくさん遊びましょう。

 

 

 

LOVE SAVES the DREAM 2014

2014年11月1-3日 @ハートランド朝霧

■ARTIST

YOARA UA / Dachambo / Bigfrog / (仮)ALBATRUS / YoLe YoLe / 光風&GREEN MASSIVE / Cro-magnon / かむあそうトライブス / RABIRABI / 熊谷門 / ANBASSA / やんばらいず / bobin a.k.a HIMALYAN BOB / and more…

■HP

http://www.drillno.jp/lsd.html

ハートランド朝霧
〒418-0101 静岡県富士宮市根原228

■チケット

ローソンチケットもしくは、当日会場にて販売

Lコード_42324

3日券_12000yen / 2日券_10000yen / 1日券_6000yen

 

 

ガンボインフェルノ

先日からスタートしているザ・クロマニヨンズの全国ツアーで、

ヒロト氏が「一生懸命やることがロックンロールだから」と言っていた。

単純で明快なことをハッキリと喋ることが素晴らしすぎる。

そして、いつも勇気づけられる。

 

そんな人は、そうそういるもんじゃないと思います。

強烈なオリジナル人のパワーは半端ない。

 

今回発売したアルバムの曲ではないですが、

「突風野郎 ~愛のテーマ~」が、とても良かった。

 


DISCO|THE CRO-MAGNONS|ザ・クロマニヨンズ オフィシャルサイト

f:id:hynm_hikone:20131023161336j:plain

 

 

 

 

最新号ご案内

f:id:hynm_hikone:20141022210832j:plain

最新号が今週末の9月13日(土)より発売します。

TALKSHOW|喋ることが好きなものでね。というテーマで作りました。

”意味のある”面白いページばかりです。

ぜひ、ご覧になってください。

 

 

以下、最新号のトピックスです。

表紙&ロングインタビュー

甲本ヒロト × 真島昌利 ファッション巻頭特集

 

「TALK TO ME」

浅野忠信TOSHI-LOW | 高橋盾 | 柄本時生 Candle JUNE |渡辺大知 |蜷川実花

 

CREATOR’ S TALK

真鍋大度園子温 | 題府基之 | 本尾久子

 

語れる服

theSakaki|tr4.suspension|TANGTANG|norrona|THE FABRIC

 

語れる場所

Talk about JAZZ CLUB「Blue Note TOKYO

 

JAPANESE RAPPER’ S TALK

A.K.I / MC 漢 / SALU

 

Honesty hour 草刈麻有

21 TOPICS for FASHION & TOPICS

Faraway#1 VANCOUVER 「自然と暮らすバンクーバー

 

連載

Today' Gallery[天明屋尚

JAZZ VERSION classic in modern[村上淳

FATE [内田将二 × YAS]
SO MANY ROAD[Yack]
JOHNNY'S ASTROLOGY
SKOLOCT!

11号発売決定です。

10号の特別記念号を経まして、

次号の発売日が9月13日(土)で決定しました。

 

雑誌に限らず、良くも悪くも冒険しづらい昨今ですが、

やはり好きなことをしてるだけなので、

より一層冒険することにしました。

 

昔から一癖あることが好きです。

雑誌作りもそんなノリです。

 

今回のテーマであるトークというワードに、

最先端のクリエイターからMC、ファッションに至るまで

東京でしかありえない、本当に素晴らしい人たちが集まってくれています。

日本の最先端文化が詰まってます。

 

心強いスタッフに支えられて、

見たこともないものが出来ようとしています。

 

ですが、、、間に合うのかw

頭動かして、手動かして。。。。。

 

f:id:hynm_hikone:20140816224504j:plain