10周年の先へ

KINARIは創刊当初の出版社を離れてから7年間を自社で出版してきました。自ら肌で感じたカルチャーを尊重して、その時代に偽ることなく合わさったファッションやクリエイター、アーティストをピックアップし、ファッションが好きだからこそ、その背景(文化)も大事にした特集を行なっています。紙で伝える意味のあるメディアの誌面作りをコンセプトに、カルチャーとファッションがリンクしていることが「スタイル」として最高に格好良いと信じています。

 

これが老若男女問わず広がっていくように、

もっと、より多くの方にKINARIを知ってほしい。

 

その支援を集うべく、この度クラウドファンディング行わせていただくことになりました。大切なことはデータでは無く、丁寧に印刷し紙に残していくことが僕たち出版の役目だと思っています。多くの情報が行き交い、残すべきものの判断があいまいになってきている現代では、自分自身が好きだった、本当に好きなものとかっこいいものを集約した雑誌が貴重だと思い、この活動を続けて広めていきたいと思っています。このプロジェクトを通して、後回しにされつつあるファッションの背景や、偽りのないカルチャーを紙に残して後世にまで伝わる誌面を残していければと思っています。

 

 

下記リンク先がプロジェクトページになります。

camp-fire.jp

 

リターンアイテムのニューヨークお土産が在庫切れとなりましたので、〈グッドオン〉とコラボしたTシャツ2型と、〈ペーパーマイク〉より新作2型をアップしました。

f:id:hynm_hikone:20171204152925j:plainf:id:hynm_hikone:20171204152936j:plain

f:id:hynm_hikone:20171105122653j:plain

〈GOOD ON〉×〈PAPERMIC〉「KINARI」Tシャツ

f:id:hynm_hikone:20180502190959j:plain

〈PAPERMIC〉BEACH TEE

f:id:hynm_hikone:20180502191012j:plain

〈PAPERMIC〉CRASTY TEE

 

 

〈コネクト〉の協力により掲載している希少な小鹿田焼の鉢は、窯元で働く職人の方へ還元させていただくことになっています。市場で販売されている高価な小鹿田焼ですが、これは小鹿田焼に限らず窯元の職人さんへは殆ど還元されておらず、市場を運営する立場の人が最も還元されている可笑しなバランスなのです。ですので、協力していただいた職人さんへも還元させていただきたいと思っています。

f:id:hynm_hikone:20180403133828j:plain

iromi(希少な2トーンカラー)

f:id:hynm_hikone:20180403134013j:plain

milk pot(ミルクティカップをイメージ)

 

また、お持ちのイラストや写真を使ったKINARI表紙データ作成なども募集しています。

f:id:hynm_hikone:20180502142750j:plain

オリジナルトートバッグ(非売品)

こちらはリターンアイテムに付属します。

 

ぜひご参加いただけると幸いです。